私が思うこと

笠井亮が日々考えたこと。 随時更新。>>

ピックアップ 外交・安保
ピックアップ 憲法
ピックアップ 福祉・医療・労働

ダウンロード FAXニュース リンク ご意見・ご要望・ご感想 サイトMAP

私の笠井亮論

人畜無害

妻・笠井貴美代

  「人畜無害」――結婚式のとき、大学時代の活動家仲間が夫のことを評した言葉に、新婦であることも忘れて大口で笑いころげてしまった。

 言いえて妙。懸命にやっているが、とくにめだちもせず、ましてやケンカなどおよそ似合わない人間、と私も思っていた。

 それが、意外だった。ハンガリー・ブダペストにある世界民主青年連盟の本部に日本の青年代表として赴任していた頃のこと。ソ連の大国主義による包囲網のなかでの熾烈な対決の日々に、ケンカっぱやい私もまきこまれ、あの手この手、からめ手でこらしめる法を考えついてはとんちんかんなアドバイスをした。が、ちっとも役だたなかった。

 多勢に無勢のなかで、どう論立てて道理で勝つか。根気よく自主独立の党の立場をわがものにし、正面から論陣をいどんで、相手を圧倒していく様子をはたで見ていて納得した。ケンカは結局、論戦だ。正論が勝つ。ひょっとしてそのときの体験がいまの国会でも役立っているのかもしれない。