私の紹介

私の笠井亮論

侵略戦争に反対する日本の代表として国内外で活躍する笠井あきらさん

市田忠義(日本共産党・書記局長)
2004年5月12日・参院選に向けた愛知県岡崎市での演説会で

市田さん写真

  比例代表候補の笠井あきらさんは、日本共産党の野党外交を支える外交問題の専門家です。

  昨年8月、マレーシアで東アジア会議という東アジアの政府や政党の集まる会議が行われました。その会議では東アジアにおけるアメリカの支配を打破して、東アジアのための東アジアによる東アジアの共同体を作ろうという問題が提起されました。この会議に招待されて、日本から参加した政党は、日本共産党だけでした。その代表として参加されたのが笠井あきらさんでした。

 そこでの日本共産党とはどういう党かという笠井さんのお話が、大評判になった―アメリカべったりの小泉日本という世界しかわからなかった人達が、もうひとつの別の日本が有る―侵略戦争を心から反省し、アジアの国々と対等平等のお付き合いをしよう、そして草の根で国民と結びついて頑張っている党が有る、もうひとつの日本が有るということで、おおいに信頼を集めた。笠井さんの話が終わると、「ところで民主連合政府はいつできるのか」―こう催促した外国の代表がいたそうで、せっかく催促されたのですから、その期待に応えて、1日も早くそう言う政治つくろうじゃありませんか。

第1委員会室の男、労働者や中小企業の利益を守る

  また、「笠井さんの推薦で日本共産党に入れてもらえないか」―マレーシアには共産党が存在しません。そう言う国の人々がまじめな顔でそういうことを言われる。これには、日本のアジアへの侵略に命がけで反対した日本共産党の戦前からの歴史ももちろん、ありますが、笠井さんが参議院議員として6年間,日本の国民のくらしと平和を守るために活躍してこられた,その活躍が土台に有ったからじゃないでしょうか。

  笠井さんは、国会で重要な問題を審議する第1委員会室というのが有りますが、その第1委員会の常連で国会の中では第1委員会室の男というのが彼のあだ名です。その第1委員会室で、リストラで隔離部屋に閉じ込められた労働者の問題や中小企業への貸し渋りの一方で大銀行に税金を湯水のように投入する―なにごとか」、そういう鋭い追及とともに、安保や自衛隊問題の追及の第一人者でも有りました。だからこそ、日本国内だけじゃなくて、国際的にも大きな信頼を得ているのではないか。しかし、マレーシアやタイの人には日本の選挙権はありません。みなさんの大きなご支援で、3年前のあの悔しい思い繰り返すことがない様に、なんとしても比例代表候補の一人として、笠井さんを国会に押し上げてください。

(5月12日、愛知県岡崎市で)