『笠井亮物語』

挑む

「もう応援に躍起です」

イメージ

  「もう、応援に躍起ですよ。今、国政になくてはならない人。どうしても国会に帰ってもらいたいですから」。83回目の誕生日を迎えたばかりの塩田庄兵衛・東京都立大学・立命館大学名誉教授が、あちこちの知人に「笠井さんを」と訴えています。
  5月初旬には、信州の山間、穂高町の街頭に夫婦で駆けつけ、宣伝キャラバンで演説中の笠井さんを感激させました。

  「驚くほど豊かな知見と、周囲へのこまやかな配慮を欠かさない人柄」―塩田さんを突き動かす笠井さんの魅力です。「非核の政府を求める会」常任世話人会で知り合ってから10年来の知己。「私たちは3年前、笠井さんを落選させるという大きな痛手を負いました。この失敗を二度と繰り返してはなりません」。

二人の母

  だれもが認める温かい人柄。今、そんな笠井さんの“二人の母”の話が感動を広げています。一人は、自宅を訪ねて懇談した自衛官の母。「人殺しさせるために息子を産み育てたんじゃない」。母親の語る自衛隊イラク派兵への不安と怒りをしっかりと受け止め、「ねばり強く派兵反対、憲法守れの声を広げましょう」と励ましています。

  もう一人は、実母の淳子さん(73)。ヒロシマで14歳の時に被爆した母は、子どもたちの将来に影響が出ることを案じて50年間、被爆のことを外で話しませんでした。「『二度とあの悲劇を繰り返してはいけない』という母のことばが、私の政治の原点」と笠井さん。
  「あしかけ12年、車イス生活となった母の食事・介護を、妻と日課にしてきた」だけに、介護問題の実態を最も身近に知る政治家です。

政治動かす論戦力

  「国会論戦の主舞台は第一委員会室。そこで一年生議員が総理ら閣僚を相手に論戦すること自体大変なのに、他党議員から“第1委員会室の男”と呼ばれるほど質問に立ち続けた。並大抵のことじゃない」。国会でじかに笠井さんの質問を見てきた木島日出夫前衆院議員の証言です。「首相を答弁不能に追い込む場面を何度も見ましたよ」。

  論戦力は、小泉首相まで歴代5内閣を相手に、一期6年間で150回に及んだ質問が実証しています。時の首相に実態を突きつけ、リストラに応じない労働者を閉じ込めた日本NCR(コンピューター製造)の“座敷牢”廃止に道を開き(1999年7月)、米軍新基地の使用期限をただし、まともに答えない外相を一喝して、与党議員に「拍手したかったが、立場上できないのがつらかった」といわせた沖縄・普天間基地移設問題での追及(同年12月)などなど。東大経済学部卒業後、同農学部で学び、安保・外交から金融・経済、農業まで活躍の舞台は広い。

世界を駆ける

  「2月に笠井さんの話を初めて聞いて、感動して泣いてしまった」というのは垣内麻衣子さん(20)=学生、愛知=。「最初は反対していたお父さんが、最後には応援してくれるようになったというお話。共産党の主張は、だれからも共感されるんだって思うと、胸がいっぱいになりました」。ネパールの福祉を勉強しに現地にいったばかりの垣内さん。「20代から世界を飛び回って野党外交の第一線に立つ、スケールの大きさにびっくりです。私たちの思いを託せる人だって実感しました」。
 昨年8月、訪問40カ国目のマレーシアで、東アジア会議とアジア太平洋円卓会議に出席。13カ国1,500人の参加者の中で政党代表は笠井さんだけ、しかも日本共産党代表とあって注目を集め、マハティール首相(当時)はじめ、イスラム諸国代表らとも交流を深めました。「選挙はいつ。また国会議員で頑張って」と激励される場面も。
 「一人ひとりの命と人生を大事にし、応援してこそ政治。それをモットーにしている日本共産党を大きくのばしてください」。笠井さんの全力をあげた訴えが続きます。

(2004.6.1「しんぶん赤旗」日刊紙に掲載された記事の本文。見出しの一部を変更しました。)