ニュース

2018年ニュース

【18.09.23】共闘進める先頭に 品川区議補選おくの候補が第一声

 
東京都品川区議補選(定数2、立候補5人)が告示された23日、日本共産党の、おくの晋治候補(62)=新=は笠井亮政策委員長・衆院議員、白石たみお都議とともに「羽田低空飛行計画を撤回させ、憲法を生かす区政をつくるため、さとう裕彦区長候補とともに区政に送ってほしい」と訴えました。
 おくの氏は、認可保育園や特別養護老人ホームの待機解消、国民健康保険の負担軽減などの公約を掲げています。
 笠井氏は「区議補選は安倍政権ノーの声を示すチャンス。市民と野党の本気の共闘を進める先頭に立つ、おくのさんを区政に送ろう」と呼びかけました。
 区議補選には、おくの氏の他、自民党新人、自由党元職、無所属新人2人が立候補しました。
【「しんぶん赤旗」2018年9月25日付】