ニュース

2018年ニュース

【18.06.01】定例会見・麻生氏続投「誰もが驚く」

加計・渡辺氏の証人喚問が必要

 日本共産党の笠井亮政策委員長は1日、国会内で記者会見し、安倍晋三首相が同日の参院本会議での答弁で、麻生太郎財務相に「(公文書改ざんなどの)再発防止に全力を挙げて取り組んでもらいたい」と狢嚇雖瓩気擦覦娶を示したことについて問われ、「森友」公文書の改ざん・廃棄、事務次官のセクハラ問題などで責任が問われる麻生氏は「即刻辞めていただくべきだ」と主張しました。
 笠井氏は、麻生氏が1年以上、当事者を弁護する立場で国会で答弁してきたと指摘。「この期に及んで続投とは、誰もが驚くのではないか」と述べ、麻生氏を擁護する首相の姿勢は「断じて許されない」と厳しく批判しました。

 さらに笠井氏は、「加計学園」の渡辺良人事務局長が5月31日、愛媛県庁を訪れ、同学園の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会したとの説明は爛Ε修世辰伸瓩伴婪瓩靴燭海箸砲弔い凸笋錣譟◆崚事者としての責任の自覚もない姿勢が怒りを呼んでいる」として、加計理事長とともに「証人喚問が必要だ」と主張しました。
 笠井氏は、獣医学部新設を目指していた加計学園側と安倍首相との15分間の面会が爛Ε臭瓩世辰燭箸垢譴弌¬瀬唯夫首相秘書官(当時)が同学園関係者らと3回も会っていたと認めたことも含め、「すべてのつじつまが合わなくなる」と指摘。「国会で全部洗いざらい話すべきだ」と求めました。
【「しんぶん赤旗」2018.6.2付】