ニュース

2015年ニュース

【15.10.09】戦争法廃止の政府を 提案で懇談

日本平和委と笠井衆院議員

 
日本共産党の笠井亮衆院議員は、東京都内にある日本平和委員会を訪ね、提案について話し合いました。

日本平和委員会からは、代表理事を務める畑田重夫、内藤功、高田公子、住吉陽子、岸松江の各氏と、千坂純事務局長、岩月康範事務局次長が応対。笠井氏が「提案」の内容が書かれた印刷物を一人ひとりに手渡し、中身を詳しく説明しました。

笠井氏は「日本に立憲主義と民主主義を取り戻すために、思いきった提案をしました。みなさんと力を合わせるため、忌憚のないご意見をいただきたい」とのべ、提案の受け止めについて尋ねると、内藤氏は「大変機敏で、大義のある内容だと思う」と賛同しました。

畑田氏は「平和委員会は、結成から一貫して戦争反対、平和な世界をと訴えてきた。今こそ真価を発揮しないといけない気持ちでいる。委員会としてしっかりと提案を受け止る。どのようにたたかっていくか、すぐに議論したい」と語りました。

「運動を前に進めるタイムリーな提案」と話した千坂事務局長。「安倍政権は、戦争法を国民の記憶から早く忘れさせようと動いている。危険性を知らせ続け、運動を広げていきたい」とのべました。