ニュース

2013年ニュース

【13.11.15】障害者権利条約=全会一致で承認

外相 「スタートとし国内対策の充実へ努力」

 
衆院外務委 笠井議員が要求

障害者権利条約が15日の衆院外務委員会で全会一致で承認されました。
 採決に先立つ質疑で日本共産党の笠井亮議員は、障害者の人権と基本的自由、固有の尊厳などを保障する重要な意義があるとして、条約にふさわしく障害者総合支援法などの国内法を見直すよう求めました。岸田文雄外相は、条約締結を「スタート」とし、条約に基づく国別勧告に適切に対応し、「国内対策の充実に向けて努力する」と表明しました。
 笠井氏は、障害者団体や非政府組織(NGO)代表が条約策定、交渉に寄与したと指摘。岸田外相も「(障害者団体などの)貴重な貢献もあって障害者の人権、基本的自由を確保する上で重要な意義を持つ条約になった」と表明し、政策決定でも障害者と「今後とも積極的に連携していく」と述べました。
 笠井氏は、権利侵害が救済されない場合、個人が国際機関に救済を求める「個人通報制度」の選択議定書を日本が締結していない問題に言及。岸田外相が日本の司法制度との整合性などを挙げ「議論を重ねている」と述べたのに対し、「条約を直接担当する外務省がイニシアチブを発揮すべきだ」とすみやかな締結を求めました。
(しんぶん赤旗/2013年11月16日より)

◆審議録/.pdf  (未提稿です。注意厳守)