ニュース

2009年ニュース

【09.11.21】スーパー堤防はムダづかい―計画は中止・撤回を

小池晃参院議員とともに江戸川区3地区の住民団体と懇談

 
 日本共産党の小池晃参院議員と笠井亮衆院議員は21日、国と東京都江戸川区が進めるスーパー堤防と区画整理事業の撤回を求めている同区の北小岩、北小岩江戸川町会18班、篠崎公園3地区の住民らと懇談しました。
 道路わきには、建設反対の旗が林立。住民らは「堤防問題で体を壊した人がいる」「毎日不安でたまらない」と訴えました。
 北小岩18班地区では住民や地権者らでつくる「18班・スーパー堤防とまちづくりを考える会」と懇談(写真上)。宮坂健司会長は「住民は区から事業が決まったことのように聞かされ、立ち退きを説得されている。こんなやり方は許せない」と話します。
 北小岩地区では「スーパー堤防・街づくりを考える会」(戸口素男運営委員長)と河川が見渡せる寺院で懇談しました。長年、同地に暮らす住民は、これまで大きな台風がきても氾濫(はんらん)しなかったと述べ、「税金の無駄遣いだ」と強調しました。
 篠崎公園地区の「スーパー堤防と道路問題を考える会」世話人代表で、700年の歴史をもつ寺院の住職の渡邉清明さんがあいさつ。「必要性がまったく示されていない堤防には反対。区は新しい街づくりという名の下に住民を分断している」と語りました。
 小池氏は、新政権が行っている事業仕分け作業で評価者から「スーパー堤防は廃止すべきだ」との声が上がっていることや、超党派で運動が広がっていると紹介。「みなさんの運動がここまで動かしてきた。これからも一緒に頑張りましょう」と呼びかけました。
 党江戸川区議団が同行しました。
【スーパー堤防】河川の堤防を市街地側に数百辰砲錣燭蠕垢蠹擇燃板イ掘堤防上部を住宅地などに開発するという国の事業。大規模工事のため、仮住まいが強いられるなど、住民生活に大きな影響がでます。<以上「しんぶん赤旗」2009年11月22日付から>

 
藤沢久美子江戸川区議の案内で、計画予定地を視察する小池議員、笠井議員ら。