ニュース

2009年ニュース

【09.10.06】葛飾区長・区議選勝利へ

日本共産党が演説会

 
 11月1日告示、8日投票の東京都葛飾区長・区議選に向け、日本共産党葛飾地区委員会は6日、区内の、かめありリリオホールで演脱会を開きました(写真)。
 中村しんご党区議団幹事長は、自民・公明区政が大型開発のために積み立てた782億円の一部を使えば23区最低レベルの福祉施策を前向きに変えられることを明らかにし、中学3年までの医療費無料化を実現するなど区民の声を区政に届け動かしてきた区議団を5人から6人に増やすために全力でたたかう決意を述べました。
 三小田准一、中江秀夫(以上現)、渡辺キヨ子(前)、おりかさ明実、仙波稔(以上新)各区議候補が、それぞれ決意を表明しました。
 革新区政をつくるみんなの会から立候補する新井杉生区長候補は福祉切り捨てからくらし優先へ「おおもとに憲法をすえた区政に転換したい」と訴え、笠井亮衆院議員が様変わりした国会情勢を報告し「葛飾でさらに政治を変えるたたかいを」と呼びかけました。
(「しんぶん赤旗」10月8日付けより)