ニュース

2008年ニュース

【08.12.07】青年のたたかいの前進で希望ある年を

民青同盟東京都代表者会議であいさつ

 
 民青同盟東京都委員会が代表者会議を開催しました。日本共産党を代表して、また民青同盟のOBとして、心からの敬意と連帯をこめてあいさつしました。東京の青年のみなさんは、使い捨て労働、高すぎる学費の問題をはじめとして青年・国民いじめ、憲法破壊の海外派兵など悪政に立ち向かってきました。そして、おおもとにある大企業、アメリカいいなりの二つの政治悪を告発して、政治の中身変えろ、憲法九条守れと頑張っています。都内どこでも国会でも、このたたかいの先頭に民青同盟のみなさんがいました。悪政推進勢力は追い詰められ、二代続けて政権を投げ出し麻生政権になりましたが、二度あることは三度あるともいわれています。未来をになう青年のがんばりが政治と社会を動かしつつあります。私も青年の雇用問題で繰り返し行動をともにしてきましたが、青年学生が多く、矛盾も集中する東京で、麻生自公政権をさらに追い詰め、解散・総選挙、都議選勝利をかちとり、東京の衆院比例で2議席以上の前進を実現し、希望ある年を迎えようと訴えました。