ニュース

2008年ニュース

【08.11.30】東京土建青年部結成50周年 フェスタに1万3000人

新たな歩み挑戦 働きやすい環境つくろう

 
 東京土建一般労働組合青年部は結成五十周年を記念し、「青年フェスタ“挑戦″」を十一月三十日、東京・代々木公園広場で開きました。東京の各支部や首都圏の青年部、他団体などがテントを出して参加。青年のステージではバンド演奏やダンスショーで沸かせました。会場には一万三千人が集いました。
 「全国青年大集会2008」の実行委員会のメンバーが定額給付金の二兆円を仮に若者の問題解決のために使うとしたらどうするかをテーマにパネルディスカッションしました。
 「人として扱われるように使ってほしい」(「名ばかり店長」として働き、裁判中の清水文美さん)。「失業補償をすべての人に」とのべたのは日本民主青年同盟の田中悠委員長。東京土建青年部の田中健部長は東京土建の建築カレッジの総合強化のためにとのべ、「現場で誇りを持ち、仕事が途切れない環境にしたい」と話しました。首都圏青年ユニオンの河添誠書記長は「低家賃の公共住宅と若者の居場所づくり」をあげました。
 東京土建の組合員である彼の誘いで参加した女子高校生は「働きやすい環境をつくってほしい。国民に役立つお金の使い方をしてほしい」と話しました。家族で参加した男性(33)=東京土建江戸川支部=は「十月から仕事が減り、月十万円の減収。消費税を一時的に下げるなどしてほしい。職種を超えた共通の願いだと思う」と語りました。
 日本共産党の笠井亮衆院議員が会場を訪ね、参加者と交流しました。
(「しんぶん赤旗」12月1日付けより)