ニュース

2007年ニュース

【07.12.17】後期高齢者医療の撤回求め厚労省前で座り込み

小池、笠井議員が激励

 
 寒風吹きすさぶなか、全国老後保障地域団体連絡会(老地連)は十七日、東京・霞が関の厚生労働省近くの交差点前で、後期高齢者医療制度の撤回や介護保険の改善などを求めて座り込みを始めました。座り込みは20日正午まで続けます。日本共産党から笠井亮衆院議員と小池晃参院議員が駆けつけ激励。ともに座り込みに参加しました。