ニュース

2006年ニュース

【06.12.22】改憲手続法を成立させなかったたたかいを確信に憲法をまもる運動を大きく広げよう

憲法改悪に反対する東京共同センターの交流会で国会報告

 
 日本共産党の笠井亮衆議院議員は、22日、都内で開かれた憲法改悪に反対する東京共同センターによる「憲法運動 団体・地域交流会」で国会報告を行いました。
 笠井氏は、19日閉会した臨時国会で、改憲手続法案が成立はおろか、衆議院での採決さえできなかったことの意味は大きいとして、国民は9条改憲もそのための手続法も必要としていないこと、与党と民主党との法案のすり合わせは、改憲案を通しやすいしくみを維持した上での修正であり、国民との矛盾はひろがらざるをえないこと、法案の内容も反民主的な内容であることが明らかになったことを指摘し、「改憲日程は狂ってきており、これらは東京共同センターをはじめとした国民の世論と運動が背景にあった」と強調しました。
 最後に笠井氏は、安倍総理が閉会の日の記者会見で、あらためて改憲とそのための手続法の制定に意欲を示したことにふれ、改憲勢力も巻き返しを図っており、地域共同センターの確立や地域・職場9条の会の確立、国民過半数署名などを促進し、改憲を許さない世論と運動をともに前進させようと訴えました。