ニュース

2006年ニュース

【06.12.14】教基法改悪案の参院委での強行採決糾弾

国会を包囲したみなさんと最後までたたかいぬくことを誓いあいました

参議院議員会館前で報告する国会議員団
 教育基本法改悪案は14日夕の参院特別委員会で、野党の質疑が終わると、自民党議員がいきなり質疑打ち切りの緊急動議を提出。委員会室が騒然とする中、自民、公明両党により採決が強行されました。
 日本共産党国会議員団は強行採決後、参院議員会館前での座り込み集会にかけつけ、雨の中、国会を包囲した多数のみなさんに、志位和夫委員長があいさつ。暴挙を糾弾するとともに、廃案めざして最後まで全力をつくす決意を述べました。笠井議員も参加者と握手をかわし奮闘を誓い合いました。