ニュース

2007年ニュース

【07.11.26】クラスター爆弾禁止の超党派議員集会に参加

クラスター爆弾の全面禁止を

笠井亮衆院議員も発言
 11月26日午後国会内で、地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)の主催で、「クラスター爆弾禁止条約」に向けた超党派の緊急集会が開催され笠井亮衆院議員が参加しました。
 クラスター爆弾は、親爆弾から多数の子爆弾がばら撒かれて、軍人・民間人の区別なく、無差別の犠牲者をつくりだす非人道的な武器です。
 クラスター爆弾を全面的禁止させる国際世論が大きな高まりを見せている中、きたる12月4日、ウイーンで「クラスター爆弾全面禁止条約」づくりに向けた国際会議が開催されます。集会では、クラスター爆弾を禁止させるために、主催者からの問題提起を受けて、日本として何ができるか、どうすればいいかを参加議員が意見を交流しあいました。