ニュース

2007年ニュース

【07.05.14】参議院での採決強行に抗議

緊急抗議集会であいさつ

 
 日本共産党の笠井亮衆院議員は、14日、参議院本会議で改憲手続法案が採決を強行されたことに抗議する緊急集会に出席し、あいさつしました。
 笠井氏は、衆議院に続き、参議院でも審議不十分なまま、採決を強行したのは、法案の中身が国民に知られれば知られるほど、不公正、反民主的な内容であることが明らかになることをおそれてのことであり、与党提出者の自身のあらわれであると指摘。法案採決に手を貸した民主党の責任も重大だと述べました。そして、18項目にも及ぶ付帯決議をつけざるをえなかったこと自身が、法案の欠陥ぶりを示しており、欠陥法で国民投票をさせないために、改憲案の発議を許さない国民の運動をおこしていこうと訴えました。