ニュース

2007年ニュース

【07.04.03】改憲手続き法案 廃案に

笠井議員 宗教者からの署名うけとる

 
 笠井議員が激励のあいさつ
衆院議員与党が13日にも衆院通過を狙っている改憲手続き法案の廃案を求め、幅広い宗教者でつくる「宗教者九条の和」は3日、国会請願署名提出の集いを衆議院第二議員会館内で開きました。7,200人分の署名を提出しました。
 署名の提出は今回で3回目で、署名数は合計24,839人分になりました。
 集会では、村中祐生大正大学名誉教授・天台宗慈照院住職があいさつし、「自由、民主主義、平和という憲法九条の願いを守り、今の平和な日本をつくってきたのは国民です。憲法九条をいとも簡単に変えることは許されません。この請願がひとつのきっかけになり、今後も運動が広がっていくことを願っています」と述べました。
 山本俊正日本キリスト教協議会総幹事は、「来週は復活祭です。復活祭というのは死をも超えた希望という意味です。法案の廃案へ最後まであきらめません」と訴えました。
 集いには、日本共産党の笠井亮衆院議員が駆けつけ、「憲法九条を変えるための手続き法案が重要な局面にきています。みなさんの九条守れの声が国会にも届き、改憲派のスケジュールを狂わせてきています。力を合わせ、この法案を廃案にし、九条を守るために頑張っていきましょう」とあいさつをしました。
 宮城泰年本山修験宗宗務総長が笠井議員に署名を手渡しました。
 集いは、改憲手続き法案の廃案を求める緊急アピールを採択しました。同アピールは五日、全国会議員に届けられます。(2007年4月4日/しんぶん赤旗より)