ニュース

2007年ニュース

【07.02.27】庶民大増税にストップを

全建総連 2・27大衆増税に反対する緊急国会集会であいさつ

 
 日本共産党の笠井亮衆院議員は、27日、全建総連主催の「2・27大衆増税に反対する緊急国会集会」に出席しあいさつしました。
 笠井氏は、建設国保の取り組みをはじめとした建設労働者、国民の生活と仕事を守るためにたたかっている全建総連のとりくみに敬意を表したうえで、貧困と格差が大きな焦点になっているにもかかわらず、安倍総理はその自覚も責任も感じていないことを指摘。大企業が空前の儲けをあげていながら、御手洗・日本経団連会長が、法人税の実効税率の引き下げとその財源として消費税の引き上げを要求していること、庶民には定率減税の半減、全廃などの増税がおしつけられていることなどを批判し、逆立ちした税制をただそうとよびかけました。