国会から

第164回通常国会

【06.02.15】医療改悪反対で東京土建と懇談

保険で安心してかかれる医療を

 
 日本共産党の笠井亮衆議院議員は、東京土建一般労働組合から、患者・国民負担増計画の中止と「保険で安心してかかれる医療」を求める要請を請け、懇談しました。
 東京土建の代表は、「医療保険ごとに医療費抑制を競わせ、成果のあがらないところには補助金削減などのペナルティーを検討しており、そのしわ寄せは国民にかかる」とのべ、「これ以上の国民負担と格差社会の拡大をひろげることがないよう、国会でがんばってほしい」と要請しました。
 笠井議員は、「言ったことは必ず実行することを『信念』としていた小泉総理だが、防衛庁の省格上げを今国会断念せざるをえない状況に追い込まれるなど、潮目が変わってきている。みなさんと力を合わせて、国民が安心してかかれる医療制度の実現めざしてがんばりたい」とこたえました。