日本共産党 衆議院議員 笠井亮
私が思うこと国会から東京とともに私の紹介野党外交論文・インタビュー

原発ゼロ
笠井亮Youtube
Facebook
スマートフォンサイト

日本共産党の
政策・見解から

オスプレイバナー 尖閣・竹島バナー TPPバナー 消費税バナー 震災バナー 原発ゼロバナー
政治は温暖化に何をすべきか
ダウンロード FAXニュース リンク ご意見・ご要望・ご感想をお寄せください サイトMAP

MOVIE

「日米同盟第一」危険浮き彫り 異常な米追随見直しを 衆院予算委員会での質問
(2017/2/2)
南スーダンPKO 至近距離での射撃訓練も 衆院予算委員会での質問
(2016/10/3)

NEWS

【17.04.24】北朝鮮への軍事対応、日米が水面下で協議 (2017年ニュース) NEW!

日本共産党の笠井亮議員は24日の衆院拉致問題等特別委員会で、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり、日米両政府が水面下で軍事対応を協議していた問題を追及。今月上旬に開かれた日米高官協議で米国務省高官が「中国の対応によっては北朝鮮への軍事攻撃に踏み切る可能性に言及した」と報じられたこと(12日付各紙)について、事実関係をただしました。

【17.04.21】国の経済主権売るな (2017年ニュース) NEW!

日本共産党の笠井亮議員は21日の衆院外務委員会で、麻生太郎副総理とペンス米副大統領による「日米経済対話」(18日)に関連して、米国が環太平洋連携協定(TPP)の関税・非関税措置を上回る「自由化」の要求を押し付けてくるとして、対等・平等の日米関係の確立を求めました。

【17.04.20】米の北朝鮮対応で政府 “先制攻撃支持”否定せず (2017年ニュース) NEW!

日本共産党の笠井亮議員は19日の衆院外務委員会で、トランプ米政権が、核・弾道ミサイル開発を進める北朝鮮に対し軍事力の行使も選択肢にしていることについて日本政府の認識をただしました。岸田文雄外相は北朝鮮への米国の先制攻撃について、事実上容認する態度を示しました。

【17.04.08】日本配備のF35戦闘機=空対地兵器搭載も (2017年ニュース)

日本共産党の笠井亮議員は7日の衆院外務委員会で、政府が2024年までに42機の配備を計画しているF-35Aステルス戦闘機に、敵基地攻撃に必要な兵器の搭載を検討していることを明らかにしました。

【17.04.06】核兵器禁止条約国連会議「歴史的な一歩」実感 (2017年ニュース)

日本共産党の笠井亮議員は5日の衆院外務委員会で、米ニューヨークで3月27日から行われた核兵器禁止条約の国連会議での交渉に参加しなかった日本政府に対して、唯一の戦争被爆国にあるまじき態度を根本的に改めるよう強く求めました。

【17.03.08】北朝鮮の核放棄へ行動を (2017年ニュース)

日本共産党の笠井亮議員は8日の衆院外務委員会で、北朝鮮による弾道ミサイル発射に強く抗議するとともに、政府は外交交渉を通じて北朝鮮の核・ミサイル開発の手を縛り、放棄に向かわせる対応で正面から働きかけるよう強く求めました。

【17.02.14】南スーダン 陸自日報廃棄は虚偽 (2017年ニュース)

日本共産党の笠井亮政策委員長は14日の衆院予算委員会で、自衛隊内部で容易に閲覧が可能なデータベースに、政府が当初廃棄したとしていた南スーダンPKO(国連平和維持活動)の日報が存在していた可能性を指摘し、隠ぺいの責任を厳しく追及しました。

【17.02.03】過労死なくすルールを (2017年ニュース)

日本共産党の笠井亮政策委員長は2日の衆院予算委員会で「1%の大金持ち、大企業のためではなく、99%の国民のための政治が求められている」と述べ、「働き方改革というなら、長時間労働・過労死をなくすための人間らしい雇用のルールをつくるべきだ」と迫りました。